読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハンドメイドde節約生活

お金が減らない!ハンドメイドで節約も楽しくな~る♪

サザエさん、ゲゲゲの鬼太郎の進化

サザエさん」、「ゲゲゲの鬼太郎」のストーリーが時代に合わせて進化している。両方とも原作者は亡くなっているから制作プロダクションの意向?主人公は変わってないがサブキャラクターの登場頻度や設定が微妙に違う。特にゲゲゲの鬼太郎は話がぶっ飛んでいるか感動編が多く、怖さが軽減され笑うか泣く率が高い。

思いつくままに書き出してみた。他にも変化を発見したら記事に追加し都度更新していきたいと思う。面白い進化・変化を発見された方は、教えてください。m(__)m

 

サザエさん

~人や物が現代風になっている~

  • 花沢さんの出番が多くなっている。毎回カツオのお嫁さん候補として超積極的な態度を取る。
  • 現代風の若者(大工の見習いのジミーなど)がたまに登場する。ジミーは茶髪でヘッドホン、iPhoneぽいもの(?)を首から吊っている。最初の登場シーンでは、仕事中に音楽を聴きながら作業していたところを棟梁に怒られた。以後改心して仕事に励む。
  • のりすけがジェラート宅急便ぽい小荷物便(?)で磯野家へ送った。(3/6放送分)今風の”ジェラート”が登場して一度ビックリ、のりすけが神戸のジェラートを小包で送って二度ビックリ。サザエさんの時代だと”シャーベット”だと思うけど。

 ゲゲゲの鬼太郎

~サブキャラが可愛い・もはや短編ドラマ~

  • ゲゲゲの鬼太郎が男前になっている。
  • ゲゲゲの鬼太郎必殺技「地獄の炎」の使用率が高い
  • 猫娘が可愛くなっている。危機に瀕したゲゲゲの鬼太郎を捨て身で助けようとする猫娘の健気な姿に、ゲゲゲの鬼太郎への密かな強い恋心が伺われる。
  • 猫娘が人間界でアルバイをしている。
  • かわうそのキャラがすごく可愛い。ほぼ毎回登場)
  • ストーリーが約3回に1回は感動モノになっていて泣きそうになる。最近では意識不明の母親を見舞う兄弟の話、妖怪同士(ゴーレムとぬりかべ)の友情の話など涙無しでは見られない。
  • ねずみ男だけは変わらない。

ねずみ男だけはお金儲けの為に毎回鬼太郎を平気で裏切る。それでも鬼太郎ねずみ男のことを友達だと呼び、ねずみ男を命がけで助けに行く。(ねずみ男は、たまに鬼太郎を助けたりすることもあるが。)

鬼太郎は孤独に苦しむ妖怪に、妖怪横丁で一緒に暮らさないかと声をかけてやる。人間も妖怪も分け隔てなく助け、優しいのが鬼太郎だ。それなのに偉そうな態度は一切取らず、目玉おやじと木の上でひっそりと暮らす。鬼太郎は本当にカッコイイ男、いや妖怪だ。

怖さは妖怪よりも毎回登場する人間に感じる。自然を崩壊する人間に妖怪が居場所を奪われ、怒り狂うパターンが多く考えさせられる。登場人物が優しい時は感動編になる。

妖怪のキャラクターでかわうそ一反もめんの喋り方が可愛いかったり、たまに登場する南方妖怪が陽気でバカで面白い。南方妖怪は鬼太郎も負かすほどのエネルギーを持つ。しかし鬼太郎が白旗を振ったら勝ったと喜んで戦いを止めてご機嫌で帰っていく。

子供の頃はゲゲゲの鬼太郎が怖くて見れなかったが、今では下手なドラマを見るよりも面白い。テレビで見かけたら一度ぼーっと見てほしい。

これからもゆるゆると書いていきますブログランキング・にほんブログ村へ